サブスクリプションモデル

どういうわけか最近、「サブスクリプション」という言葉を

頻繁に目にするようになりました。

何だこれは…と思い、今更ながら意味を調べてみると

定額利用制のビジネスモデルを指すようです。

 

自分自身、Amazon PrimeとNetflix、Kindle Unlimitedくらいしか

心当たりはないのですが世の中どのくらい利用可能なサービスが

あるのだろうか? と思い少しだけ調べてみました。

 

【土曜日に30分くらい調べた結果リスト】

■車

■食品宅配(生協とは少し違います)

■居酒屋(四日市や名駅にも)

■家具

■アパレル

・・・etc

 

ここまで定額利用サービスが浸透しているとは驚きでした。

(個人的には、ウイスキーに合う缶詰を毎月お届けするサービスがツボでした)

 

海外の有名な車種もこのモデルを採用していて、

そのブランド価値に対して定額乗り放題はOKなんだろうか? と思いました。

 

また家具のレンタルに関しては、家具を変えるのって頻繁にはしないでしょうし

かといってそのままでは、早々に買い切りの値段に達してしまいそうです。

(利用年数に応じて価格を下げることで、顧客離れを防止していますが)

どういう収益構造なのか、興味がわきます。

 

自分自身が動画・静画の配信サービスしか利用していないうちに

世の中どんどん変わっていたようです。

 

「ミニマリスト」とか「断捨離」とかをちょっと前に耳にしましたが

(購入/定額利用)という、モノを所有するかどうか次元で

ビジネスモデルが変容しているのですね。

 

※添付画像は本文とは無関係です。

(ここまで表示されるようになるとは!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です