年賀状はアサプリで!

はやいものでもう10月も後半に。

あっという間に冬がきて、あっという間に年末です。

また今年も…と年賀状の準備にお悩みではありませんか?

弊社アサプリでも

2019年版年賀状カタログが出来上がり、

お客さまからのご注文をいただきはじめております。

デザインはなんと120種類!

企業の皆さまだけではなく、一般の方もお申込みいただけます。

1枚からでもご注文を承っておりますのでお気軽にどうぞ!

秋がやってきたよ~

ううー朝の冷え込みに体が堪える…
通勤途中、街路樹が紅葉しているのを見つける。
あぁ、日中の空気が爽やかだなぁ。
お昼ご飯に家から持ってきたミカンがおいしい。
日暮れが早くなったな。事務所階段の照明付けにいこう。
上着持ってきて良かった、帰りは寒いわ。
おっ、鈴虫鳴いとる~
風呂上りは暑いけど寝る前は暖かくして寝よう。

秋を感じる瞬間が増えてきました。
秋と言えば…
食欲の秋、読書の秋、運動の秋、芸術の秋、行楽の秋…
何をするにも過ごしやすい気候だからですね。

ということで、私は読書の秋を堪能しています。
「読書」というと語弊がある気がするので、
(私の中で読書は小説読んだり高尚な趣味の印象だから)
活字の秋とでもしておきます。

私は活字が好きです。
活字なら新聞もチラシもフリーペーパーも、
電車の中吊り広告も取扱説明書も。
今や情報はネットで取り入れる時代ですが
やっぱり紙の方が読みやすいなと思うアナログ人間です。
紙なら保存して手元に置いておける利点もあるかなと。
残念ながら印刷物は縮小傾向にあり、
紙媒体からデジタルに移行しているのが現状ですが
紙の印刷物の良さを知ってもらえたらなと思いながら
社内で刷り上がった印刷物を眺める毎日です。

 

 

 

 

どれから読もうかな~

メッセナゴヤ2018に出展します

11月7日(水)~10日(土)までポートメッセ名古屋で開催されます

「メッセナゴヤ2018」にアサプリとプリンターで出展いたします。

昨年も多数の方にご来場いただきましたので、今年も工夫を凝らしたブースを

出展致しますので是非ご来場ください。

25年に1度の大型台風21号上陸します。

いつ大変お世話になりありがとうございます。三重県桑名市にあります。印刷会社の営業です。25年に一度の大型の台風がやってまいりました、4日昼過ぎから夕方にかけて三重県に最も接近する見込みです。立っていられないほどの非常に強い風が吹くのかもしれないので、不要不急の外出を控え早めの安全確保に務めてください。

余談ですが台風の強さを表す最低気圧は今回の21号の945hPa最大風速45m/sでしたが伊勢湾台風895hpa最大風速75m/sでした。私の家も伊勢湾台風でみずにつかりました。今回の台風で皆さんお怪我をなさらないようお気をつけください。

 

 

9/21 ITセミナーを開催します

春分、秋分で使う言葉「暑さ寒さも彼岸まで」とでありますが、

最近の猛暑からお盆を過ぎて、急に涼しくなったように思います。

営業車の中の外気温は30度。ピークの40度の時に比べれば、確かに10度も下がっているので、窓をあければ何とかエアコンなしで過ごせるようになってきました。同じ30度でも感じる暑さは初夏の時と段違い。慣れって凄いですね。

お盆を過ぎて、9月21日の四日市ITセミナーまでおよそ1か月となりました。

会場の確認・準備、内容の打ち合わせもいよいよ大詰めです。

今回の内容は初心に帰って、基本を押さえた内容となっておりますので、お時間ある方はぜひご参加ください。

ちいさな お客さま。

暑中見舞い申し上げます。

アサプリ社屋のある三重県桑名市は、本日も39度と非常に高い予想気温が出ていますが、みなさま体調は崩されていませんか。

さて、アサプリでは社会貢献活動の一環として、児童や学生さんの職場体験学習の受け入れを随時行っています。今回は小学生の元気な男の子2人組。

「しごと密着体験」と題した今回の受け入れは、“生徒が事業所の職場で働く大人に密着し、「仕事の内容」や「仕事に対する姿勢」、「職場の様子」を観察することで、仕事や職種に関する認識を深め、「働くこと」について深く考えるためのキャリア探索活動”(ウェブサイトより抜粋)…という内容。

ひと通り会社を見学したあとは、制作部に来てもらい、弊社デザイナーが毎日使用しているMacintoshで、自分たちが通う小学校の紹介ポスターを作ってもらいました!

2人とも学校などでWindowsは触っているそうですが、Macは初めてとのこと。文字を好きな色に変換したり写真を思い思いの場所にレイアウトしたりと、積極的に質問も行いながら終始楽しそうにデザインをしていました。

これをきっかけにデザインの楽しさに目覚めて、おおきくなったらアサプリで就職したい…!なんて思ってくれたらいいな。

温故知新

(故)ふるきを(温)たずねて(新)あたらしきを(知)しる

私の好きな言葉のひとつに「温故知新」という言葉があります。

───── 昔のことを学べば、賢くなれますよ。

そんな意味で使われがちな、この言葉。

しかし、わたしは本当は少し違うのではないかと思います。

 

本来は、

本質を見つめて「学び」、「研究」そこから新たな道理や知識を見出す。

お客さまの本質を理解し、研究をし、新しい提案をする。

そんな姿勢を目指していこうという言葉だと思います。

アサプリも日々お客さまの本質研究し、頼りにされる印刷会社になれるよう日々努力をさせていただいております。

 

「いまここ」と「ここから先」

私の趣味に将棋と総合格闘技(こちらは観る専門)があるのですが、最近、対照的な2つの勝負を観ることができました。

将棋では、羽生善治竜王が佐藤天彦名人に挑戦した第76期名人戦、総合格闘技では、UFCライトヘビー級王者のダニエル・コーミエが、階級を上げてヘビー級王者のスティーペ・ミオシッチに挑戦したUFC226です。

私のフェイバリットは羽生竜王とライトヘビー級王者コーミエで、羽生竜王は2勝4敗で敗退し、コーミエ選手は見事にKO勝ちを収めました。羽生さんは47歳、コーミエ選手は39歳で、ベテランが若い相手に立ち向かった結果でしたが、明暗がはっきり分かれました。

ただ、結果だけを見れば羽生さんは残念でコーミエ選手はよし!っといった調子ですが、内容を細かく見てみると実際は逆でした。

 

まず羽生さんの勝負内容ですが、事前の準備があるにせよ、相手と自分の相性や相手の得意な戦型などは気に留めず戦っています。これを迎え撃つ佐藤名人は、事前の入念な戦術研究で相対し、序盤から中盤にかけて優勢を築き、そのまま押し切る形で羽生さんを退けました。

羽生さんからしてみると、自分の思考を相手の事前研究(おそらく数カ月分の蓄積でしょう)にぶつける形で、どう考えても圧倒的不利です。ただ、自らの思考プロセスの成否を相手の膨大な事前研究を利用してチェックしているわけで、次の勝負に向けては非常に大きな収穫になっているでしょう。PDCAの「C」を対戦相手を使って実行している感覚でしょうか。しかも名人戦で。

 

これに対してコーミエ選手はヘビー級王者ミオシッチの戦い方を入念に研究し、そして自身の持つスキルと照らし合わせて、最適な戦い方を実行していました。軽く触れておくと、ミオシッチ選手はクリンチした際に顔面が無防備になりやすく、それを見抜いたコーミエ選手は、元々得意なクリンチからの打撃を用いて彼をKOしたのです。

ただし、これは二度と使えない戦い方です。相手がクリンチに付き合わなければそれまでですから、もし再び対戦すれば結果はまるで違ったものになるでしょう。

 

目の前の戦いと、目の前から将来までの戦い。自らが何を見据えているかで、戦い方がまるで違ったものになっています。当然事前の準備(というか磨いておくスキル)も違うものになるわけです。

「いまここ」で必要なスキル、「ここから先」までで必要なスキル。

私は「いまここ」に注意が偏りがちなのですが、それではあっという間に手持ちのスキルは陳腐化してしまうのでしょう。まだまだ若いし先はあると自負していますので、「ここから先」まで考えてスキルアップしなければならないと痛感したのでした。

(コーミエおめでとう!!!)

地域に愛される

先日、とある要件で長野県伊那に行くことがあり、通りがかりに「かんてんぱぱ」で有名な伊那食品産業さんの前を通りがかる事がありました。
この会社さんは工場の周りを社員の方や地域の憩いの場となるよう施設を整え庭園として地域の方に提供しています。
社員の方々も訪れる人々に癒やしになればと、毎朝社員の人が自主的に掃除をしているそうです。

素晴らしい!!!!!!!!!

自分たちのしていることが地域の人々のためになればと思えばこその行動だと思います。

アサプリにはこんな立派な庭園はありませんが、販促でお客様のお役に立てればという思いで日々、頂いたお仕事い向き合っています。

いつかはアサプリも地域に貢献でき地域に愛されるアサプリになっていければと思います。